トレーラーの構造について

SCANIAHEADを後方から写しました。中央に見える道具箱かっこいいでしょ。
​トレーラーの構造となぜけん引、被けん引車になっているか、連結器の構造等を紹介しています
 
SCANIAHEADを後方から写しました。中央に見える道具箱かっこいいでしょ。

​トレーラー&トラクターに関する豆知識のページ

 

トレーラーの豆知識

​大型トラックの中で、超大型、高さ2.5m以上、超重量物、長尺等通常のトレックで運搬できないものを運ぶ車としてトレーラーがあります。トレーラーは全トラックの3%程度ですが、運搬重量と併せて重量が非常に重く、道路や橋等の疲弊が大きいため、どこでも走れるというわけにはいきません。しかし、トレーラーが無くては物流が成り立ちません。またトラクタとトレーラーは分割されて、キングピンという連結器でつながっています。これは連結すると15m~20mにもなり、この長さでは交差点や、曲がり道が曲がれないため、分割して回転半径を小さくするためです。

​①トレーラーの大別

トレーラーを大別すると、高床トレーラーと低床トレーラーに分別できます。

(1)高床トレーラーはタイヤサイズを大きく出来るため、耐振動とタイヤ交換の    メリットがあり、本体価格も手和尚より安価です。鋼材や比較的高さの低いもの(2.5m以下)を運ぶときに役立ちます

(2)低床トレーラーは高さを低くした低床部があり、高さの高い(3.5m程度)荷物を乗せる事が出来ます。色んな荷物を運ぶように多種類のトレーラーがあります。ただしタイヤが小さくなり、交換比率も高く、本体価格も高価です。

SCANIAHEADを後方から写しました。中央に見える道具箱かっこいいでしょ。
SCANIAHEADを後方から写しました。中央に見える道具箱かっこいいでしょ。

​②トレーラーの構造

トレーラーは被けん引車といい、自走できないためトレーラー等でけん引して動かします。しかし、重量が非常に重いためトラクターだけのブレーキでは止まれないためフットブレーキ、排気ブレーキ意外にトレーラーブレーキ、リターダー、マキシブレーキ等安全に制動する為、何重ものブレーキがかかります。、車種によっては連動してトレーラーの後輪の舵切が出来る車もあります。当然自動車検査証が必要です。

けん引車(トラクタ)はトレーラーを電車のようにトレーラーを着脱して色々なトレーラーを動かせます。このため簡易で着脱できるよう、トラクターにはカプラが、トレーラーにはキングピンがあり、これで着脱します。

​③キングピン(トレーラー側)の構造

トレーラーとトラクターは着脱が容易に出来るため通常電車の連結器のようにキングピンとカプラで着脱します。

キングピンは後方の重量物とトレーラー重量の全荷重が全て1本のピンにかかり、なおかつ発進、減速、旋回で荷重の何倍もの力がかかり、その力でも折れないようにキングピンは超特殊鋼で高周波焼入した非常に耐久性のあり耐磨耗性に優れた金属を使用しています。転倒、転落事故時にもキングピンが折れた事故は見かけたことがありません。ピンの大きさは50mm程度で最大100tくらいの力にも対応しているそうです。(積載重量の数倍)

​③カプラ(トラクター側)の構造

キングピンとカプラで着脱しますが、カプラの金属はキングピンとは異なり、若干やわらかい構造(鋳鉄等)になっています。これはキングピンの磨耗を防ぐための配慮です。カプラの接続部は30度くらいの幅があり、若干ずれても装着できるように作られています。カプラにはキングピンにかかる重量を全て受けるため、カプラをトラクターの前後4輪にプラスして第5輪荷重とも呼びます。

SCANIAHEADを後方から写しました。中央に見える道具箱かっこいいでしょ。
SCANIAHEADを後方から写しました。中央に見える道具箱かっこいいでしょ。
SCANIAHEADを後方から写しました。中央に見える道具箱かっこいいでしょ。
SCANIAHEADを後方から写しました。中央に見える道具箱かっこいいでしょ。
播州商運の日々進化するホームページです。
播州商運の特殊架台搬送
播州商運の特殊架台搬送
Information
色々な写真の切抜を精密にカットしてます
    2016年2月8日ホームページ再開 しました。          
サイト訪問カウンタ
SCANIAと舵切付マルチトレーラー、アスファルト切削機の図面です。
機械運搬回送、特殊物搬送はトレーラー運送実績の多い播州商運倉庫へどうぞ
機械運搬回送、特殊物搬送はトレーラー運送実績の多い播州商運倉庫へどうぞ